当ホームページへようこそ!

Posted in スタッフからのお知らせ | 当ホームページへようこそ! はコメントを受け付けていません。

15年度復興予算34%使い残し 事業遅れ、1兆9229億円 – BIGLOBEニュース


15年度復興予算34%使い残し 事業遅れ、1兆9229億円
BIGLOBEニュース
復興庁は29日、2015年度に東日本大震災の復興予算として計上された5兆6328億円のうち、34.1%に当たる1兆9229億円が年度内に執行されず、使い残したと発表した。住宅再建の用地確保や町づくりの... 記事全文<共同通信のサイトに移動します> ...
15年度復興予算34%使い残し 事業遅れ、1兆9229億円北海道新聞
復興予算34%使い残しテレビ東京

all 3 news articles »
Posted in 行政関連情報 | 15年度復興予算34%使い残し 事業遅れ、1兆9229億円 – BIGLOBEニュース はコメントを受け付けていません。

福島第1原発事故 避難指示解除要望 住民に期待と不安 目立つ廃棄物山積み 川俣・山木屋 /福島 – 毎日新聞


福島第1原発事故 避難指示解除要望 住民に期待と不安 目立つ廃棄物山積み 川俣・山木屋 /福島
毎日新聞
出席した佐藤義雄さん(66)は「帰還する住民の不安解消のために、除染状況の公開や説明を徹底してほしい」と話した。山木屋地区自治会長も務める広野太さん(66)は「3月末には除染もさらに進むはずで、避難指示解除は山木屋の復興の弾みになる」と町の方針を評価した。

and more »
Posted in ふるさとのニュース | 福島第1原発事故 避難指示解除要望 住民に期待と不安 目立つ廃棄物山積み 川俣・山木屋 /福島 – 毎日新聞 はコメントを受け付けていません。

東日本大震災復興予算 昨年度執行率は65%余 – NHK


東日本大震災復興予算 昨年度執行率は65%余
NHK
東日本大震災の復興事業費を国が全額負担する昨年度までの5年間の「集中復興期間」に、政府は合わせて27兆6231億円を執行しましたが、単年度での執行率はいずれの年も60%台にとどまりました。復興庁は「予算の執行を着実に進めてきたと考えているが、今後も、必要 ...

Posted in 行政関連情報 | 東日本大震災復興予算 昨年度執行率は65%余 – NHK はコメントを受け付けていません。

基準未満の側溝汚泥は国費で除去 環境省方針 – 福島民報


基準未満の側溝汚泥は国費で除去 環境省方針
福島民報
東京電力福島第一原発事故で汚染された道路側溝の汚泥を巡り、環境省は地上から高さ1メートルの空間放射線量が国の除染基準(毎時0.23マイクロシーベルト)を下回った場合も国費で除去する方針を固めた。井上信治環境副大臣が28日、福島民報社の取材に対し、「課題 ...

Posted in 行政関連情報 | 基準未満の側溝汚泥は国費で除去 環境省方針 – 福島民報 はコメントを受け付けていません。

常磐線再開通、膨らむ期待 12月10日「相馬-浜吉田」 – 福島民友


福島民友

常磐線再開通、膨らむ期待 12月10日「相馬-浜吉田」
福島民友
加藤憲郎町長は「常磐道と合わせて縦の動脈が2本通ることで町の復旧・復興が加速する」と力を込めた。 常磐線の県内運休区間のうち、浪江(浪江町)―小高は2017年春、竜田(楢葉町)―富岡(富岡町)は同年中、富岡―浪江は20年3月末までに再開する予定。
相馬−浜吉田を12月10日に再開毎日新聞
<常磐線>相馬-浜吉田 12月10日再開河北新報
相馬(福島)-浜吉田(宮城)12月10日再開 JR常磐線 - 産経ニュース産経ニュース

all 11 news articles »
Posted in ふるさとのニュース | 常磐線再開通、膨らむ期待 12月10日「相馬-浜吉田」 – 福島民友 はコメントを受け付けていません。

【「帰還困難」見直し】再編と再生の両立探れ(7月29日) – 福島民報


【「帰還困難」見直し】再編と再生の両立探れ(7月29日)
福島民報
福島第一原発に近接した町を見ると、立地町の大熊町は、区域とされた範囲に町民の96%が住んでいた。同じく立地町の双葉町は区域の広さが町の面積の96%に達している。両町ともに、公共施設や商店街、医療施設、JR常磐線の駅などがある町の中心的な場所が含まれる ...

Posted in ふるさとのニュース | 【「帰還困難」見直し】再編と再生の両立探れ(7月29日) – 福島民報 はコメントを受け付けていません。

【「帰還困難」見直し】再編と再生の両立探れ(7月29日) – 福島民報


【「帰還困難」見直し】再編と再生の両立探れ(7月29日)
福島民報
福島第一原発に近接した町を見ると、立地町の大熊町は、区域とされた範囲に町民の96%が住んでいた。同じく立地町の双葉町は区域の広さが町の面積の96%に達している。両町ともに、公共施設や商店街、医療施設、JR常磐線の駅などがある町の中心的な場所が含まれる ...

Posted in ふるさとのニュース | 【「帰還困難」見直し】再編と再生の両立探れ(7月29日) – 福島民報 はコメントを受け付けていません。

ふるさと納税返礼でブルーベリー体験を 宮代町、31日まで受け付け – 東京新聞


ふるさと納税返礼でブルーベリー体験を 宮代町、31日まで受け付け
東京新聞
宮代町は、ふるさと納税の体験型返礼品として、ブルーベリーの摘み取りなどができる一日限定の「ブルーベリー体験プラン」を、来月十一日に実施する。福島県大熊町でブルーベリー園を経営していた渡辺芳美さん(67)が協力する。 宮代町によると、渡辺さんは二〇一一年の ...

Posted in ふるさとのニュース | ふるさと納税返礼でブルーベリー体験を 宮代町、31日まで受け付け – 東京新聞 はコメントを受け付けていません。

仮設の空室半数超 東北被災3県、岩手は実質41% – 岩手日報


仮設の空室半数超 東北被災3県、岩手は実質41%
岩手日報
復興庁によると、被災者が恒久的に暮らせる賃貸の災害公営住宅は、計画する約2万9600戸のほぼ6割が5月末で完成。プレハブ仮設から公営住宅へ移る被災者が増えるのに伴って仮設の空室は増え続け、6月末時点で総戸数の52%に達した。 本県の仮設住宅は県復興局 ...

and more »
Posted in 行政関連情報 | 仮設の空室半数超 東北被災3県、岩手は実質41% – 岩手日報 はコメントを受け付けていません。

仮設の空室半数超 東北被災3県、岩手は実質41% – 岩手日報


仮設の空室半数超 東北被災3県、岩手は実質41%
岩手日報
復興庁によると、被災者が恒久的に暮らせる賃貸の災害公営住宅は、計画する約2万9600戸のほぼ6割が5月末で完成。プレハブ仮設から公営住宅へ移る被災者が増えるのに伴って仮設の空室は増え続け、6月末時点で総戸数の52%に達した。 本県の仮設住宅は県復興局 ...

and more »
Posted in 行政関連情報 | 仮設の空室半数超 東北被災3県、岩手は実質41% – 岩手日報 はコメントを受け付けていません。