当ホームページへようこそ!

Posted in スタッフからのお知らせ | 当ホームページへようこそ! はコメントを受け付けていません。

田植え機は初 ふたば未来の生徒が田植え(福島県) – 日テレNEWS24


田植え機は初 ふたば未来の生徒が田植え(福島県)
日テレNEWS24
広野町のふたば未来学園高校は、町内の水田で、初めて機械を使った田植え実習をした。 広野町で開校し、3年目を迎えたふたば未来は、農業系列を選択した生徒を対象に田植え実習を行っている。 今回は、2年生の生徒3人が、町内の水田で、コシヒカリ10アール分の苗を ...

Posted in ふるさとのニュース | 田植え機は初 ふたば未来の生徒が田植え(福島県) – 日テレNEWS24 はコメントを受け付けていません。

28日、南相馬で栃木戦 福島ホープス – 福島民報


28日、南相馬で栃木戦 福島ホープス
福島民報
プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの福島ホープスは28日午後1時から、南相馬市鹿島区のみちのく鹿島球場で栃木ゴールデンブレーブスと対戦する。 ホンダカーズ南相馬が協賛する「ホンダカーズ南相馬マッチデー」として実施する。オリジナル自由帳を先着200人に ...

Posted in ふるさとのニュース | 28日、南相馬で栃木戦 福島ホープス – 福島民報 はコメントを受け付けていません。

サツキ鉢植え、色とりどり 京都・宇治市植物公園 – 京都新聞


サツキ鉢植え、色とりどり 京都・宇治市植物公園
京都新聞
見頃となったサツキが並ぶ「さつき花季展」が京都府宇治市広野町の市植物公園で開かれている。色とりどりの花のサツキなど鉢植え約110点が来園者の目を楽しませている。28日まで。 同市が拠点で京都や滋賀、大阪のサツキ愛好家でつくる「宇治皐月会」の13人が出展した ...

and more »
Posted in ふるさとのニュース | サツキ鉢植え、色とりどり 京都・宇治市植物公園 – 京都新聞 はコメントを受け付けていません。

帰還困難の「消火体制」強化 浪江の山林火災受け検証会議へ – 福島民友


帰還困難の「消火体制」強化 浪江の山林火災受け検証会議へ
福島民友
東京電力福島第1原発事故に伴い帰還困難区域となっている浪江町・十万山で発生した山林火災を受け、国と県は31日と6月1日に、富岡町などで検証会議を開き、鎮火まで12日間を要した消火活動の課題を探る。帰還困難区域という特殊事情を踏まえ消火体制の充実・強化 ...

Posted in ふるさとのニュース | 帰還困難の「消火体制」強化 浪江の山林火災受け検証会議へ – 福島民友 はコメントを受け付けていません。

新人黒田氏 立候補へ 広野町長選 – 福島民報


新人黒田氏 立候補へ 広野町長選
福島民報
12月8日の任期満了に伴い行われる広野町長選に、元副町長で農業の新人黒田耕喜氏(64)が立候補する意思を固めた。28日に記者会見し、正式表明する。 黒田氏は福島民報社の取材に対し「広野町の現状をしっかりと受け止め、町民目線の政治をしていきたい」と決意を ...

Posted in ふるさとのニュース | 新人黒田氏 立候補へ 広野町長選 – 福島民報 はコメントを受け付けていません。

「除染作業」賃金未払いで元作業員ら提訴 郡山の業者に請求 – 福島民友


「除染作業」賃金未払いで元作業員ら提訴 郡山の業者に請求
福島民友
訴状によると、6人は避難指示が出されていた浪江町や葛尾村などでそれぞれ除染作業に従事したが、休業手当が支払われなかったほか、基本給や特殊勤務手当(危険手当)の一部が未払いだったとしている。このうち2人は、8時間を超えて就業した場合の時間外手当も支払 ...

Posted in ふるさとのニュース | 「除染作業」賃金未払いで元作業員ら提訴 郡山の業者に請求 – 福島民友 はコメントを受け付けていません。

休耕田で育てた花 楢葉の春撮る 新宿で写真展 学生ら「福島に興味を」 – 東京新聞


東京新聞

休耕田で育てた花 楢葉の春撮る 新宿で写真展 学生ら「福島に興味を」
東京新聞
福島県楢葉町(ならはまち)の春の風景を収めた写真展が二十六日、新宿区西新宿一のギャラリー「オリンパスプラザ東京」で始まった。法政、神戸の両大学生、都立農業高生の計三十三人が一点ずつ出品した。三十一日まで。 同町で地域の活性化に取り組む「ならはみらい」 ...

Posted in ふるさとのニュース | 休耕田で育てた花 楢葉の春撮る 新宿で写真展 学生ら「福島に興味を」 – 東京新聞 はコメントを受け付けていません。

<帰還困難区域>国道6号沿いでガソリンスタンド再開 – 河北新報


河北新報

<帰還困難区域>国道6号沿いでガソリンスタンド再開
河北新報
東京電力福島第1原発事故で帰還困難区域となっている福島県双葉町の国道6号沿いで、老舗燃料会社「伊達屋」のガソリンスタンドが6月5日、営業を再開する。周辺の上下水道が復旧していない中、水洗式トイレを整備した。東京の会社を辞め、社長を継いだ吉田知成 ...
福島第1原発事故 特定復興拠点、国が認定基準説明 双葉町長「町の意向尊重を」 /福島毎日新聞
福島・伊達市の除染土壌、30日から輸送開始LogisticsToday

all 3 news articles »
Posted in ふるさとのニュース | <帰還困難区域>国道6号沿いでガソリンスタンド再開 – 河北新報 はコメントを受け付けていません。

除染作業の手当未払いで男性らが集団訴訟(福島県) – 日テレNEWS24


除染作業の手当未払いで男性らが集団訴訟(福島県)
日テレNEWS24
訴えによると、男性らは郡山市にある2次下請けの企業に雇用され、浪江町や葛尾村で除染作業にあたったが、時間外手当などが支払われなかったという。男性らは労働組合を通して、交渉したものの応じてもらえず、あわせて668万円あまりの支払いを求め、訴えを起こした。

Posted in ふるさとのニュース | 除染作業の手当未払いで男性らが集団訴訟(福島県) – 日テレNEWS24 はコメントを受け付けていません。

福島・伊達市の除染土壌、30日から輸送開始 – LogisticsToday


福島・伊達市の除染土壌、30日から輸送開始
LogisticsToday
国内環境省は26日、福島県伊達市の一時保管場から双葉町の中間貯蔵施設予定地の保管場まで、除染土壌の輸送を30日から3か月程度にわたって行うと発表した。 伊達市の山下地区仮置場に保管している汚染土壌を輸送数量3000立方メートル程度搬出する。 作業時間は7 ...

Posted in ふるさとのニュース | 福島・伊達市の除染土壌、30日から輸送開始 – LogisticsToday はコメントを受け付けていません。